やる気を引き出す組織風土のつくり方

デブサミ2014におけるサイバーエージェントの藤田社長の講演。

サイバーエージェントは大型買収はしない。人材は自分で育てるとのこと。
買収して組織がうまくまわらないことを懸念。

前提として、社員が十分な対価を得ることができていること。

印象に残ったのはモチベーションをあげる方法として効果がないもの。

・ニンジンボーナス
お金という人参はダメということ。
サイバーエージェントでは賞与の説明はしないとのこと。
実際に給与や賞与が上がるかどうかは本人の働きだけじゃなく
会社の全体の業績に影響されるからな。

・美人が多い?
容姿で社員を採用しているようなことを言われるそうだが
そんなことはないと言われていました。

・仕事とプライベートの切り分け

・離職率の高さ

・ストックオプション

福利厚生にお金をかける方が、新入社員をとるコストより安いというのも印象的だった。

会社から2駅以内に住めば3万円補助。
休んで5(9連休)。
部活動支援。
など。

新入社員を入れると組織が活性化。
そのとおりだな。

まとめとして言われていたのは
社員のコンディションを把握すること。
空気感が大事。
金で人をひっぱろうとすると逆効果。

どうせ仕事をするのならモチベーションがいい方がいいよねと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿